絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

性的マイノリティはLGBTだけじゃない

これの続きというか掘り下げ www.tohuzarashi.com

Xジェンダーについて触れた記事 www.tohuzarashi.com

 

LGBTは氷山の一角

主にNHKの番組を見てて、メディアでの取り上げ方にモヤモヤを感じている

少し前より認知されてきたとは思うけど、現実はまだまだ厳しく、どう報道しても誰かしらの反感を買うだろうし、難しいと思う

LGBTという言葉がイコール性的マイノリティ、みたいに話されてる場面もよく見るので、それは違いますぞ!という思いを書いておきたい

だいぶ前からモヤモヤモヤモヤしてて、書こうとしてはまとまる気がしなくてベンチウォーマーだった話題 なので多分まとまらない

 

性的マイノリティとは?(性自認や性的対象)という話は冒頭の2記事でおおよそ書いたので、気になる人は読んでみてほしい

今回はとうふの体験談に絞る

 

わかりやすい型にはまらない人はどこへ行ったらいいのか

生物学的には女性、性的対象はたぶん男性(よくわからない、両方かもしれない)、性自認はどちらでもない タイプだと思う

と書いた通り、とうふは自分のカテゴリーがフワッフワな人

そもそも数種類のパターンに分類しようとするのが乱暴なんだけど そこに触れると収集つかないのでまたいずれ

差別が助長される面もあるけど、いざ人に説明しようとするとき名前があると便利なのも間違いない

 

とうふの状態をあえて枠にはめようとするなら、クエスチョニング(Q)かアセクシャル(A)かトランスジェンダー(T)

Q→自身の性自認や性的指向が定まっていない人(枠にはまってないだけで、ある程度定まってる気はする)

A→男性や女性、その他セクシャリティに対し、特に恋愛感情や性的欲求を持たない人のこと(無性愛者)

T→「身体と心の性が合っていないと感じるが、戸籍変更や性別適合手術を望んでいるわけではない」場合もトランスジェンダーに分類されるらしい

あるいは3つの特徴が共存してるのかもしれない 矛盾はしてない

まあ一生同じタイプでいるとも限らない 歳をとってから実はこっちだったかも?と気付く人もいるだろう

 

Q・A・Tの中で、Aの要素がとうふ的ホットトピックで

冒頭の記事の頃、あんまり自覚したくなかったことに気付いてしまい、ぐるぐるぐるぐる頭の中を巡ってたというのが

私はもしかすると、恋愛が嫌なのか・・・?

( ゚д゚ )ええ・・・?いや・・・思い当たる節がありすぎる・・・

違和感は多々あって、自分で何度も言及してなんでだろうと考えてきたことなんだけど、ついに核心突いちゃった感があって

ものすごくヘコんだ

 

ようやく消化が進んできたので、忘れないうちに書き留めておこうというあれなんですが

長くなってきたのでまた今度

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。