絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

とにかく性別というものが煩わしい

何度か書こうとしては掘り下げきれないでいるシリーズ

※参考 www.tohuzarashi.com

 

もしかすると、恋愛が嫌なのか?

上の記事の最後に書いた、とうふ的ホットトピック

気付いて凹んでしばらく経ってから友人に話したら、そこまではっきり言ったことはないけどなんとなくわかってた、という反応だった

思い返せば自分で言ってた

・恋愛のドキドキ=不安 ホルモンに振り回される感じが不快
・恋愛としての好き、人としての好き 違いがわからない
・恋人より家族がほしい

 

こういう発想だから相手の性別は関係ないと考えてるのか、相手の性別が関係ないからこういう発想になったのか、どっちなんだろう

恋愛感情や性的欲求を持たないわけじゃないと思うんだよ 異性とも同性ともまともに交際したことがないし、経験不足すぎてわからない部分が大きいんだけど

どう表現していいのか難しい・・・

 

超☆少ない経験を元に考えてみると

生物としての性欲はあるけど、キスしたいとかエッチしたいという気持ちが好きな相手に向かない というべきなのか

相手から求められる分には嬉しいと思うし、別に嫌じゃない ただ自分は相手と一緒にいられるだけでほぼ満足してしまう みたいな状態

ぎゅーとか手を繋ぐとか撫でてもらうとか、そういう接触は好き

恋人と何をしたいか?と聞かれて、手を繋ぎたいと答えた(真面目に考えた)

多分この辺が、とうふにとって最上級の愛情表現なんだと思う

基本的に相手をコントロールしたくないしされたくない

 

だもんで、まあ普通の人と付き合うのは難しいと思う

この話題での普通とは:恋愛感情と性的欲求が直結している、体と心の性が一致している、異性が好きである 等

結婚について何度も考えるけど、やっぱりどうも結婚自体が自分の幸せに繋がらないような気がしてる 求めるものと違うような

性質上、普通っぽい幸せを求めるとすごく苦しみそう

 

ぎゅーとか手を繋ぐとか撫でるとかが最上級の表現なら、異性である必要性がないどころか、むしろ同性のほうが感覚近い人がいるんでは?とも思う

異性の友人皆無なんで偏ってて申し訳ないけど、この手の話題は特に、同性のほうがすんなり理解してくれる気がする

普通の人でも自分の性別が嫌になる機会が多いからかな? 生理とか結婚出産とか社会的な不利とか他人から期待される役割とか偏見とか

 

表題の通りだけど、結局性別ってものが邪魔なんだよな と思う

それこそ子供の頃、男子の遊びに入れないとかから始まって 異性が相手だといろんなこと気にしなきゃいけなくてめんどくさい 同性なら気にしなくていいのに

恋愛感情や性的欲求が絡むからめんどくさいのか?

性別も恋愛も全般が邪魔なんだろうな 煩わしい

 

とうふ自身が少数派なせいか、相手はストレートでもLGBTAQでも構わない 相手がこっちの感覚を受容?許容?できるかどうかが問題

昔から、好きなタイプ・・・?相手が受け入れてくれるかどうかのほうが問題じゃない・・・?と思ってたのは少数派の自覚があったからかもしれない

小さい頃は一応恋愛(少女マンガやドラマ)への純粋な憧れがあったと思う

恋愛も性的欲求も結婚も関係なくずっと一緒にいたい人ってどう探すんだろ というか実際いた(いる)んだよ だから未だに落ち込んでるんじゃないか・・・

1人は故人だからもうどうしようもないけど

 

人からは冷めてるとか冷たいとか怖いとか言われがちだし、自分でも愛がねえ奴だな・・・と思ってるとうふに対して

私はあると思うけどな・・・愛情の形が他の人と違うだけで って言う

とうふが欠点だと思うほとんどのことに対して、そこがかわいいのにと言う

これほどの人とは二度と出会えないだろうなぁと思う そして一緒にいるにはやっぱり性別が邪魔だった 

 

今日は凹んでるのでこのような話題になりました

勉強はこれから頑張ルンバ

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。