絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

現引の依頼期限を過ぎています??

現引できずに焦った

為替が大変なことになってる!とツイッターで見て、なになになにぃ~!?(歓喜)と確認したとうふ

104.96円まで行ったようだ そこで一気にドル転できたらな~と、つい夢見てしまう まあこんな一瞬の値下がり絶対に拾えないからいいけど

110円を目安に考えているので、107円台でもまあ十分かなと思える

とりあえず2万ドル買って、さあ現引・・・と思ったら

 

「現引の依頼期限を過ぎています」

 

エッッッッッ(;゚Д゚)

なに依頼期限て・・・?こんなん出たことない・・・

Q&Aを見ると、「14時までに注文してください」とある まだ13時にもなってない・・・

さらに調べる

SBI証券-現引注文

月曜日から金曜日が祝日(国内非営業日)の場合、現引注文は受付しておりません。

アッーーーーー

 

当日中に現引できなかった場合、スワップポイントというものが発生する ※通貨ペアの金利差のことだそうです

下がったら支払わなきゃいけないかもしれない 数百円といえど、少額の手数料すらケチってFXでドル転してるのにアホかと

そんなわけで新年早々やらかしました 皆様はお気をつけ下さい

 

うっすら考え中のこと

株で2000万円、つみたてNISAに800万、イデコに500万、というざっくり感でいるんだけど

今年の配当金が税引前50万を越えそう(減配がなければ)なことを考えると、つみたてNISA分は配当で賄えるのでは?と思って

ドルだから、また円転考えなきゃいけないんだけど・・・FXでいけるのかな

なぜかNISAとイデコの分は残しておかなきゃと思ってた いや気付けよと思うでしょう?いざ自分のことになると結構ポカするもんなんですよ

 

そんで債券とかMMFで3%取れるなら、遊んでる資金を一部そっちに投じてもいいのかなぁと思った次第です

NISAとイデコで合計1300万もあるのに、全部眠らせておく意味は薄い なんなら利回りから再投資できるわけで

とうふの強みは、元本が相続によって急に手に入った(元々なかった)ものであり、それゆえにストロングホールドを決め込んでいること

株の売却を考え始めると、難しいなぁ・・・と思ってしまう

 

配当金を再投資に充てていく場合、今後の生活費をどうするかっていう話になるので、また悩みどころが増える

2000万*5%=100万を達成できたとして、1000万債券に回して*3%=30万、NISA40万イデコ27万で、税引後の残りが50万ぐらいになるのかな

こうやって妄想に近い想像を巡らせていくと、生活費は投資に頼らず自分で働いて稼ぐのが正攻法だよなぁと、現実に戻ってくる

できる人にとってはそれが近道だと思います

 

今は売却を考えてない+NISAとイデコはフル活用するつもりで考えてるけど、NISAは取り崩せるし、どっちも減額できるわけだし

配当金だけで生活できるようになったら要らないって発想もある

あとあれだ、国民年金もあったわ

危うく1ヶ月分未納のまま気付かないところだった国民年金が年約20万

先々を考えるたびに思うけど、これから20年生き抜ければ後はむしろなんとかなりそうな気がする(病気とケガさえなければ)

日本国債がもうちょっとマシな利回りだったら待機資金つっこむのになぁ

 

人生トータルの運用計画は、今後も状況が変わるたびに見直していく

とりあえず、暴落という名のバーゲンセール到来を超期待

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。