絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

発音があまりにもひどいので

デルタルーンを試しに録画編集していると言ったな

これ・・・自分の声ないほうがいいか・・・?と思った要因が2つある

①発音の悪さ

②英文を読むのに時間がかかる

地声の覇気のなさとかボソボソ感については諦める

 

②はまあいいと思うんですよ 動画で英日比較を見るぐらいの英語力だったら、読むペースゆっくりのほうがむしろいいんじゃないかと

しかし①は引っかかっていた

発音が悪いというか、典型的なカタカナ英語になってしまう

テキスト読み上げるつもりなら、もうちょっとマシにならんかな?と

日本語版のテキストを読んでいくことも考えたんだけど、原文を楽しむのが目的なのと、編集作業を考えるとちょっと微妙

 

正しい発音がわからないから、ヘタにそれっぽく読むぐらいならカタカナ英語でいったれ!みたいな気持ちもあった

でもそのヘッッッタクソな読みを聞くと、う~~~~~~~ん と思う

 

いっそスピーキングから入ってみる?

ダラッダラ過ごしてて勉強も完全にほったらかしてるけど、再開のきっかけとしてスピーキングから入るのは悪くないかなと

発音がまともになるとそれだけで楽しいと思う

あと単純に、かっこよく英語しゃべってみたい

ゲーム(&動画)という、必要性や強制力のない目的があるのもいい

ついでに英語に慣れたり読むのが速くなったり勉強になったりすれば尚いい

できる!わかる!という純粋な楽しさが勉強には必要だ と信じてる

 

そこで今回買ってみた本

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

おすすめ教材を検索してみたら、多くのサイトで名前が挙がっていた

20選・・・?全然絞り込めてないじゃないか!!などと憤りつつ

英語耳とフォニックス発音トレーニングBOOKを候補に決め、本屋へ向かった

フォニックス(初耳)とは、つづりから発音できる法則 らしいです

 

結局この手の教材は中身を見てからじゃないと買えない

重視したのは、CDかDVD+発音記号の解説+変化する音の解説 この3つがあって、本として読みやすいもの

本屋にも結構種類置いてあって悩んだけど、最終的に英語耳がよさそうだと思った 初版2004年 評判のよさも後押ししてくれた

なにもやるきなしおの重たい腰が上がるのか、発音は多少でもマシになるのか、乞うご期待

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。