絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

VYM投資計画

昨日のロボアドの記事、コメントを見て改めて計算したんですが

 

手数料1%/年とは(すごく雑計算です)

100,000円→1,000円

1,000,000円→10,000円

10,000,000円→100,000円

 

手数料10万までくるとオォウ・・・ってなりますね

やるにしてもそんなにつっこもうと思ってないので、最初の10万試算で、まあいいラインかな?と だいぶヘロヘロの頭で考えていました

※100万もつっこむ気なしに記事を書いてました

 

手数料は1年に1度まとめて引かれるのではなく、日々発生するわけで

実際買ってみるとそれほどインパクトはないかもしれない

 

手数料が1%だとしても、回収できるだけのリターンが出てればいい話 だが

その辺がどうなんだろう?とか考えてると買ってみたくなってしまう

 

 

さて表題のVYM投資計画 決まりました

本家ETFを買います(今年は)

 

例によって師のブログに影響されていますが

 

トラッキングエラー、もしかすると償還リスク +つみたてNISAはVTIに使う

やっぱりトラッキングエラーがひっかかる 外貨の面倒さはあるとしても、本家ETFのほうが素直にVYMのパワーを感じられそうだと判断

 

だって本家VYMが好調なのに投信はいまいち・・・?とか、イヤじゃないですか

ドルでもいいから直販で買えばよかったー ってなる

 

おめー昨日「半々が優勢(キリッ)」とか書いてたじゃねーかwww

と思われた方 よくあることなのでさらっと流してください

昨日まではフワフワしていたものが今日ストンと落ちたんです

 

トラッキングエラーも大丈夫そう、資金流入も安定してて大丈夫そう、と判断できれば、どこかの時点で投信を買い始める可能性もある

今後の動向は注視する

 

もしつみたてNISA枠で買うなら、投信に決めたかもしれない

 

そう、トラッキングエラーもどれほど影響があるのか 肌で感じたことがないからわからないんですよ

その辺の体当たり実験は投信VTIに任せることにする

 

 

あと10年以内で会社員を辞めるならば

もっとリスクに突っ込んでいかないとダメなんだろうな、と思ってます

 

まあ失敗→破滅が目に見えているので(笑)

まずは耐えて、情報収集しながらコツコツ地味にやっていこうという段階

 

今年の投資方法は長期投資前提の戦法

長期でやれば複利効果ですごいことになるけど

10年以内に会社員を辞められるほどになるかというと・・・無理でしょう 普通は

 

どこかでガッとキャピタルゲインを得る

その機会を窺いつつ、刃を研ぐのは忘れないようにする

 

相続財産の存在は大きいんですが、本気で30代でリタイアするつもりならば、自分の力でもう1ウェーブつかむ必要があると感じています

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。