絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

コケてもやり直しがきく世界であれ

昨日の続き

 

どこに共感したか

テレビにしてもブログにしても、とうふが見聞きしたのはほんの一部

調べていくと何が真実なのかわからなくなってきて、自分の感想は偏ってないか?ソースは?と思うと書くのが難しい

 

なのでだいぶフワフワ感溢れる表現になってしまうが

生きづらさ・閉塞感

に共感してるんじゃないか?ということで話を進めていく

 

それじゃ何が原因なのか考えてみると、「レールを外れると復帰が難しい」構造が大きいのかな、と思う(特に顕著になったのが氷河期世代なのでは)

1度コケたら簡単にはやり直しがきかない

コケた度合とやり直しのレベルは人によって違うだろうけど、なんとかなると思えるかどうかってすごく大事

 

とうふは、うつ状態で大学休学してる間は絶望的な気持ちだった

どうやって生きていったらいいんだろう・・・と日々考えてた

うつ状態の期間が結構長かったせいもあって(16歳~23?24歳?ぐらい)こんな奴、どこも雇ってくれない・・・と思ってた

まず治る気がしない、治ったところでブラック企業しか入れない、それでまたうつ状態が悪化する未来しか見えない と

 

今冷静に振り返ると、社畜教育に洗脳されていた

一度もコケることなく新卒採用レールに乗らなきゃ人生詰むんだと思ってたのかも そして他の道を知らなかった

どうせ大学行けなくなるなら高卒で働けばよかった、とも思った 父は結果論だと言ってくれたけど

 

だいたいなんで新卒・年齢にこだわるのかも疑問だ 若くて世間を知らない・会社に従順な駒を手に入れて使い潰したいのかな?と思ってしまう

35歳以上だと中途採用も厳しいと聞くけど、うちの会社を見てると、30代後半だって40代だって超働き盛りじゃん・・・と思う

安く長く使い倒そうとして20代を雇っても、3年とか3年足らずで辞められちゃったら意味ないよね?とかも思う

ちゃんと教育してる会社だと違うのかな・・・そんな会社あるのかな

 

学歴や職歴に穴があったり、会社を転々としてたりしても、そんなの普通じゃん?という世の中だったら、もっと生きやすいんじゃないか

コケてもやり直しがきく、コケるの前提にデザインする

書けば書くほど、無理だな~(笑)と自分で思うけど もしそんなふうになったら多くの人が楽になれそう

 

あと自己責任論について

確かに社会のせいにしてるだけじゃどうにもならない コケたらコケたでなんとかやっていく方法を考えるしかない

それはそれとして、コケてもやり直しがきく社会にしようよ!と主張するのは、別に何も悪くないのでは

 

努力が足りない、文句言ってる暇があるなら行動しろ、とか、労働者同士でいがみ合って、得するのは誰なのか

今の会社も、社員同士でいがみ合ってれば経営者・役員に矛先が向かない・・・と考えるように見える

生きづらさを感じる人たちで叩きあうより、結託したほうがお互いのためになるんじゃないかな、と思うわけでした

 

問題が漠然としすぎてとっ散らかってしまった

もっとみんなが楽になれる方法はないのかといつも思う

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。