絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

ゆとり世代が氷河期世代について思うこと

氷河期世代ってめっちゃ大変やんけ・・・

これまでとうふの周りにはあまり氷河期世代の人がいなかった 最近個人のブログを読んでいてこの単語を知った

読んでいると思うことがいろいろある

今の会社はちょうど氷河期世代が中心なのに、そんな陰は感じなかった まさにど真ん中の年齢である社長がジャイアンしてるからだろう

 

とうふ家の年代・環境

とうふは1989年(平成元年)生まれのゆとり世代 兄は2歳上

父は1962年(昭和37年)生まれ 母が2歳か3歳上?だったはず

じじばばは1932~1935年頃・・・だと思う

メモ:バブルは1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までらしい

 

この世代に置かれたとうふの所感は、祖父母・父母・とうふらまで、人口ボーナスやバブルなど世の中の恩恵がちょうど受けられず、バブル崩壊やリーマンショックが直撃した「残念な世代」だった

この所感はおそらく、10~24歳まで所属していた合唱団で、団塊世代との交流が多かったせいもあると思う

別に嫌いだったわけじゃないけど、努力が報われる時代だったのかなとか、金(と余裕)あるなぁとか、結構な差を感じた

 

バブル→父が就職した直後バブル突入 本人の話から就活が楽だった印象はない(買い手市場だった) 中小企業の新入社員でバブル期も給料は安く、子供2人生まれて間もなくバブル崩壊

リーマン→兄の就活がちょうどハチャメチャに とうふはうつで休学→退学&就活なしで就職したが、就活したら結構大変なタイミングだった(同級生は苦労してる)

 

無知と誤解

前は正直、団塊世代はずるいなぁと思ってた

(テレビなどで見る)団塊ジュニアも発言がなんだかなぁ・・・と思うことが多くて、あまり好きになれなかった

あれは2極化した氷河期世代のうち、受験戦争・就職戦争をなんとかくぐり抜けた側だったんだろう

そういう人を勝ち組と言ってしまうと、そうじゃない人を負け組と言うようで、なんかそれもひどいなと思う

 

リーマンショックによる就職難もだいぶひどかった実感があるけど

あれよりもひどい就職難に遭った氷河期世代って、めっちゃ大変やんけ・・・と思った ゆとり世代より人口がずっと多いわけで、熾烈な競争だったと想像できる

 

最近読んでいるブログは、くぐり抜けた人たちの裏で黙殺された人たちで、こう言うと怒られるかもしれないけど、世代は違っても共感するところが多い

ゆとり世代なんか全然マシだろ、一緒にすんなよと思われるかもしれない 多分、氷河期世代のほうが大変だったと思う

※そもそもとうふは基本的に少数派属性なので、ゆとり世代のスタンダードではないことをご了承ください

今の自分にとって先輩のような存在では、と感じる

 

もうちょっと書きたいことがあるので次回に続く

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。