絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

2018年住民税確定 イデコの節税効果は・・・

昨日書こうと思って書けなかった住民税の話

 

ズバリ とうふの住民税納付額

2018年度分(2018/6~2019/5)は94,100円になった 事前の概算より少なくて、あれっ?と思った(試算99,000円)

 

住民税の計算方法

・均等割額は、前年の所得が一定金額を超えると一律にかかるもので、年間5,000円が課税されます。(市民税:3,500円 県民税:1,500円)

・所得割額は、前年の所得に応じ10%が課税されます。(市民税:6%県民税:4%)

注:前年の所得=収入ー諸控除

※参考履歴※
2015/6~2016/5 34,000円
2016/6~2017/5 107,700円
2017/6~2018/5 106,000円

 

イデコの節税効果

イデコは手取りを増やすために始めた 毎月9,000円ほど住民税が引かれていくのが、とても痛い・・・(;´Д`)と感じていた

会社員の掛金上限は276,000円/年(23,000/月)
所得割額の計算に従うと、27,600円/年 2,300円/月 住民税の節税になる

開始したのが2017年4月だから、年間支払額は207,000円 来年の住民税は20,700円減って約85,300円/年かな!!という感じでふわっと計算していたら、収入が増えたので10,000円ほどの誤差が

何もしなければ12万近くなっていた・・・と考えればだいぶマシか

 

今後の住民税

住民税は後払いの税金で、「前年度の所得」で納付額が決まる
社会人1年目には発生しないので、2年目の6月から急に手取りが減ってビビる人も多いんじゃないだろうか

住民税の支払いはおそらく今年、退職後の9月以降がもっとも厳しい

今年の年収は(退職後まったく稼がない場合)予想値で前年比100万ぐらい下がる ものすごいざっくり計算で来年の住民税は3~4万ぐらいと予想

 

どうしても節税したければイデコを増額するという手もあるが、当面は掛金を変更しないつもりでいる

自営業であれば上限は月額 68,000円 年額 816,000円 節税効果はでかいが、今後の収入の目処が立つまでは安易に増やせないかな・・・というところ

ちなみに掛金を減らす選択肢はない

会社員を辞める=退職金や厚生年金といった65歳以降の保険を投げ捨てるわけで、そこを補うためのイデコである

国民年金+少額だが厚生年金+イデコ+配当金 この4つがあれば、逆に65歳まで凌げばなんとかなるんでは?と思ったりもする ※未来のことはわからん

 

自分はこんな感じでイデコを活用しているが、会社員で所得が低いとメリットを感じにくいし、周りの人にもあまりオススメしていない

とうふの場合は余剰資金があること、結婚・出産&育児・介護・住宅購入のような大出費の予定がないことを前提としていて、自分なりの活用目的があるからやっている

イデコ検討中の方の参考になれば幸い

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。