絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

人にはオススメしない投資方針

前回の続き

www.tohuzarashi.com

昨日はらららクラシックの話で熱くなって終わってしまった 今日こそポジションの話を書くぞ

 

いつ、どれぐらい買うか

本来は200万✕10年計画だったわけだが、チンタラやってる場合じゃなくなった

が、まさか手持ちの現金を全部突っ込んで一気にドカーンと買うわけにはいかない ※断じてやらない

正直、時間の分散というなら10年だってだいぶ短いと思う 20年ぐらい淡々と積み立てて、ようやく分散といえるんじゃないか

 

まず最終ラインとして、キャッシュ50%は確保する

前に考えた「リスク資産は総資産の50%程度が妥当」に従う

現時点だと約2000万は許容範囲内になる

 

とうふ的配当金投資についてここで再確認
高配当優良銘柄をバイ&ホールド(できるなら永遠に)

安いときに買って高いときに売ればいいじゃない♪ というタイミング投資が絶対にアカンことは、感覚的に理解している

今まで目をつけていた優良銘柄、目標利回りまで下がっているものがあれば拾っていく と、前回書いた

「狙っていた銘柄の株価が下がったら買う」のとは考え方が違う

 

定期積立しない場合、どうやって買値を決めたらいいのかと思っていたが

自分の投資方針に立ち返ってみれば、インカムゲインが第一 つまりなんといっても配当利回りが基準になる

株価が安いときなんてわからない しかし配当利回りが目標値になる株価はわかる

目標値で掴みさえすれば、そこから株価が下がろうが上がろうが、配当を受け取り続けられれば良し となる

売るつもりがない株ってすごく気楽 安値で掴めればそれに越したことはないが、掴んだ後さらに利回りが確保できそうなら買い増せばいいだけかな?とも思う

 

あとはいくつの銘柄に分散するかが問題か

当面の資金2000万とすると、10銘柄✕200万が最低ラインかなと思う(1銘柄10%)

200万、どうなんだろう?今のところ一番保有してる銘柄でも100万いかない かといって100万✕20銘柄ってちゃんと情報を追える自信がない

ひとまず1銘柄100万前後、10銘柄保有を目安にする 決まったー( ´ ▽ ` )  いやこんなんでいいのか?

銘柄数はざっくり10~20として、あとは状況によって対応する

 

でも他人にはオススメしない

書いといてなんだが、こういう戦法は邪道だし、よくないと思う こんなうまくいくかどうかわからない粗末な戦法を人に勧められない

バフェット太郎さんがちょうど今日そういう記事を書いていて本当にその通りだと思ったが、普通の人が普通に働きながら投資するなら、愚直に積立すべき

もっともコケない方法が先人たちのおかげでかなり明確にわかってるのに、タイミング投資のようなやり方をするのは賢くない

私がもし友人に投資の相談をされたら、積立投資を勧める

銘柄まで聞かれたら、低コストのインデックスを勧める

 

自分の性格、性質、環境、バランス感覚をよく考慮した上で、勝算がある・・・かも?と思ってはいるが、一般論ではないし、各種条件が合致する人なんてそういない

何度も同じことを書くが、基本的には働いて、その範囲内で生活して、余剰資金の何割かを積み立てていくのが最適解

ただしそれは、まあまあ普通に生きていける人の場合

 

ところで突然アドセンスが表示されなくなった

なぜだ・・・PIN入力してないから?でもPINまだ届いてないし、認証するまで支払が保留になるだけで配信は止まらないって書いてあった でも明らかにPIN送ったよ~の通知から表示されなくなった

ポリシー違反もない

なぜじゃ(´◜ᾥ◝`)

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。