絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

今が買い場?

ここにきてようやく、目に見える下落が来ました

しばらく相場が高水準だったうえ、下がってもこのぐらいだと、暴落・・・といって差し支えないよね??と疑問符が浮かんでしまう

 

さて ここで買いに出るべきなのかどうか

結論から先に言うと、やはり淡々と買う作戦です

 

今年はよほどのことがない限りこの計画に従っていく

 

幸いVTIを2月に買う予定なので、すぐに反発した場合でもVTI×1回は拾える

このぐらいの下げ幅、長期投資なら最終的には大差ないのです 

って参戦2年目の人が言っても説得力ないでしょうけど インデックス投資の先人たちがいくらでも証明してくれています

 

 

本当の暴落がきたら、ざっくり半値ぐらいになると考えて相場に臨んでいる

インデックス投資を中心にしながら、暴落時には突っ込んでキャピタルを狙いたい

しかし、まだ全然そんな水準ではない

含み損が怖いと感じる人も多いんだろうけど、具体的に考えてみると

 

例えば1,000円で株を買ったとして 5%下がって950円

ここで同量を買い増したら取得単価は975円 たいしたインパクトにはならない

もっと考えて暴落で半値になったとして500円 同量を買い増したら750円

下がるならガッツリ下がってくれないと、取得単価を下げるのは難しい

というのは父から教わりました

 

実力も運もない普通の人がキャピタルを狙うなら、もうどっからどう見ても、誰の目から見ても明らかな安値で掴まなきゃいかん ぐらいに思っています

 

 

すぐに上がるなら間違いなく買い時であり、まだまだ下がるなら買い時じゃないかもしれない しかしそれは、私にはわからない

そのための買い付け月設定です

VTIの現在値は135.74

とうふ個人的にはこのぐらいで買えるならばいいかな、と思うところ

 

ちょっと気になっているのが、インデックス投資家の先人たちがETF買付のとき、成行と指値どっちを使っているか その時々で変えている可能性もあるが

ちなみに私は指値で注文することが多い キリのいい数字にしたり、何ドル払うかを固定したいという、取扱いやすさの問題で

あと単純に指値は楽しい いけたかな?とチェックするワクワク感ですね

 

といいながら 1月のBNDとVYMは成行で買った

BNDは値動きがマイルドですね 相場が下がったことでちょうどそれを実感できました

 

それから私は ETFを買う月は決めたけど、日までは決めていなかった

投信は設定したら放置するだけでやることもないけど、ETFはせっかく自分で売買できるので ナチュラルに買い付け月のどこかで買うスタンスでいた

そしたら、梅屋敷街のランダム・ウォーカーこと我らの水瀬さんが、とっくの昔にこの方法を提案していたと気付く

 

ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法 と命名されたあれですね
randomwalker.blog19.fc2.com

 

とうふよりも遥かにスマート、かつわかりやすく説明されています

 

忘れないよう今日中にVTI注文します

今回は指値ゲームで楽しく購入する

 

------------

ここまで昼休みに書いて、午後は外出していたんですが

いやー なかなか見ない下がりっぷりですね そこそこあった含み益が大半吹っ飛びました

短期的には買い場でしょうね 注文忘れないようにしないと

 

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。