絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

Huawei MediaPad T3 7 いい感じです

タブレットのおかげでこたつからぬくぬくブログ更新

よきかな

 

予想外だったのが、縦画面ではフリック入力 横画面ではキーボード入力にしてみたら キーボードのほうが打ちにくかった

タッチパネル誤爆もあるし パソコンとはキー位置が結構違うのでやりづらい

これからしばらくはフリック入力を極める方針でいく

 

こたつ必須の時期をすぎたらパソコン使うと思うけども

 

このタブレットは数日前の記事で検討した通り、特に性能がいい物ではない(らしい)

しかし私の使い方であればまったく問題なし

 

動画を見るには十分な画質

通信も安定してるし、アプリのフリーズとかもない

Wi-Fiなので、余計な通信料も発生しない

タッチパネルの感度は、他のスマホを触ってないのでなんとも でも普通に何もなく使える

 

サイズもちょうどいい

ニンテンドースイッチと同じぐらいの大きさだった

液晶の大きさと比率が違うけど

 

総評:色々できて手頃な値段のゲーム機

 

3DSだって中古で13,000円ぐらいはした

おまけにこれはソフトを買う必要がないわけで

 

一番気になることはバッテリーのもち

絶滅危惧種のガラケーユーザーとして スマホはどうしても燃費悪いよなーと思う

暇つぶしの機能で充電を食われるのはどうもイヤだ 連絡手段としての機能さえあればいい

 

まあバッテリーも、自分の使い方ならそこまで困ることはないと思う

パズルゲームのアプリを落としてプレイしていたが テトリスでいうマラソン的なモードをやってみたら一向に終わらず 何時間か続けることになった

そのときの減り具合からして、気にせず使っても寝てる間に充電すれば1日もつぐらいかと

 

ちなみにそのゲーム、まだ終わってない 終わりがないやつなんだろうか

 

バッテリーはタブレットの性能よりも使い方のほうが問題なのかなと思いました

知らぬ間にいろんなアプリ起動しっぱなしになってて、知らぬ間にバッテリーを消耗させる仕組みなんだろう

 

しかし操作には苦戦してキレ気味になった

どう触るとメニュー画面が出るのか、下の○とか□とか、見て意味わかるものか?(汗)

 

バックグラウンドで起動してるアプリどこで見るんだ?とか 各種設定はどこでどうするのか

※こういう機器を手に入れるとまずひと通り設定をいじり倒すタイプ

 

実は待機画面からの復帰操作がまだよくわからない

左から右にグイ〜ってしてるけど それであってるのか

 

レビューのようなアンドロイドデビュー日記でした

 

 

明日は父と祖母の一周忌で かなりナーバスになっています

父が倒れたのはちょうど去年の今頃でした

祖母はその少し前の12月に亡くなって

あれからまだ1年

 

兄はともかく、伯母夫婦が来るのが大問題

父が倒れたその日に言われた最悪の言葉を私は忘れていない 子供の頃からわかっていたが伯母はクソ野郎だ

どのツラさげて一周忌に来るのか さめざめ泣いたりされたら殺意が湧きそう

 

開始ギリに行って、極力奴らの存在を認識しない作戦でいこうと思います

ぬあぁ( ´Д`)



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。