絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

とうふと昭和元禄落語心中

現在NHK総合でドラマ放送中

公式サイト www.nhk.or.jp

 

ドラマがあまり得意じゃないなりに、なんだかんだ毎回見てる ツムツムやりながら・・・とかだけど

放送開始前の番宣を見て、八雲と助六の役者さんがハマってるので、すごいなぁよく見つけてくるなぁと思った

 

アニメのインパクトが絶大

しかし、ドラマはどうかなぁ・・・と思った

この作品との出会いは数年前に放送したアニメ(第1期:2016年1月 - 4月 第2期:2017年1月 - 3月)

2期の頃ちょうど父が倒れて亡くなったので、記憶がおぼろげ

 

1期が蒼穹のファフナーEXODUSの後番組で、CMを見て

えっ・・・石田彰!?山ちゃん!?林原めぐみ!?関智一!?小林ゆう!?なんだそのエレクトリカルパレードは!!

といった感じで並ぶ声優陣にビビった

さらにOPは作詞作曲:椎名林檎×歌:林原めぐみ

見るしかなかった

 

実際すごくよかった 声がハマってるどころではないハマりよう

石田八雲はとてもとてもよかった キャラの年齢幅が超広いんだけど、特に晩年の演技がかわいいやら色っぽいやらで

いずれレンタルか動画配信か、もう一度見たいというか聞きたい

 

ドラマのほうが大衆向け?

アニメから入った声優好きからすると、ドラマはどうしても物足りない 石田死神とか山ちゃん野ざらしが聞きたくなる

女性陣がどうもしっくりこない 小夏はもうちょっと伸びる声がいいなぁとか、みよ吉はちょっとハスキーな声がいいなぁとか

まあでも、アニメと別物として見ればおもしろいんだと思う

 

原作(マンガ)でもアニメでも、八雲はめっちゃ江戸弁 ひ→し とか 「あの人」は「あのしと」だったりする

ドラマはそういうところが標準語に・・・なってるのかと思ってたけど今調べたらちゃんと江戸弁らしい 耳が悪くなったかな・・・

一番残念だったのが落語「死神」の「消えるよぉ・・・」が「けえるよぉ・・・」ではなく「きえるよぉ・・・」に聞こえたこと

 

まったく落語を知らなくても楽しめるストーリーなので、落語がわからないだけなら敬遠しないで見てみるとよろしい

ジャンルとしては人情もの

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。