絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

新制度による人事評価

昨日は友人が来ていて、急いでブログを書いたので いつも以上にまとまってない

その辺は明日もう少し突っ込んで書きたい

 

今日は会社で面談があったのでその話を

新制度での人事評価 というか契約更新

何日か前に新しい人事制度の説明があった~的なことをさらっと書いたが とうふは新人事制度説明のスケジュールが飛んできたときからあまり関心がなかった

 

途中の評価制度をどう変えたとしても、その結果である給料はやたらと増減できない

従業員側からしたら新制度で増えるのはまだいいとしても、減ったら不満どころの話じゃない 会社を辞めようと思う人も多いんじゃないだろうか

経営者側としても、減額で揉めたり辞められたりするのは避けたいし、また誰かの給料を増やすとなると、そこを基準にタテヨコのバランスを取らなくちゃいけない

 

増えるにしても減るにしても、ほんの少しだろうし 新制度なんて改悪に決まってる と考えていたら実際そうだったので、説明もあまり真面目に聞かなかった

 

等級の付け方をわかりやすく変えたよ

等級はスライドじゃなくて今回再考するよ

給与・手当の項目を統廃合するよ

技能給が基本給に含まれるからベースアップだよ

その代わり賞与の掛け率は下げるよ

非管理職と管理職は別コースだよ

 

つまりほぼ変わらない どころか抑えつけて給料下げようって魂胆すら見える(多分そんな悪意はなくて、単純にボスがめんどくさがってるんだと思う いつも通り)

えぇ・・・みんなの反感や不満を煽っただけじゃないの・・・?という変更内容

この資料を見るときには会社を辞める意志が決まっていたので、新制度がどうなろうがもう関係ないなという気持ちが大きかった

 

そして本日の面談

面談前は聞いてみようか考えてたこともあったけど、どうせ辞めるんだから何も言わなくていいやと熱い手のひら返し 契約書の間違ってる部分を指摘するだけで終了

で、席に戻ってから給料の金額を計算してみた

 

総支給額 1円も 変わらん

 

見事な横スライドでありました この等級は私の給料を基準にしたのか?

後輩や同時期に入った子たちはちょっと増えたような話だったが

等級は、まあこんなものか?ぐらいだった 女性の中ではいいほうなのかもしれない

一番下のランクだったらさすがにガッカリしたと思う 私はその程度の仕事しかしてないってことかい ふーん・・・・・・へーえ・・・・・・   ぐらいは

 

下がったら下がったで辞める理由がさらに増えたし、上がったら上がったで決意が揺らいだとか揺らがなかったとか書けたのに 完全横スライドって 反応に困る('ω')

減給を理由に辞めたと思われなくて済む と考えることにする

 

 

ところで 何日か前から、右のこめかみがズキッと痛むときがある 一瞬だけど結構痛くて体がビクッとなる そして右側だけ圧迫感というかズーンと重たい感じがある

これまで緊張型頭痛の鈍痛しか経験がないので調べてみたものの、いまいちわからない 片頭痛はもっとズキンズキンが継続して激しく痛むと聞くし

 

ズキズキ系の痛さも片側だけというのも経験がない

首筋が硬くなってるのと、最近調子が悪い顎関節付近が怪しい気がする

何年か前に顎関節症になった頃、かなりひどい頭痛と吐き気が主症状で、原因が顎だとはしばらくわからなかったほど ありうる

 

ヤバイ系の頭痛だったら終活しといたほうがいいのかな!?とかちょっとウキウキしたけど まあ ないだろうなー

ストレスとか花粉とかがトリガーになってるんだろうか

近日中に整体に行って診てもらおう

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。