絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

ツムツムのためだけにiPhoneがほしかった

昨日予告した通りのラインナップでお送りします

今日はほぼ1年ぶりに会う友人とメシ食いに行く 更新タイムアタック

 

マレフィセントとマレフィセントドラゴンとパンプキンキング

この3つはスキルのタイプが同じ 一定時間、繋げたツムの周りも消す(爆発する)というもの

 

まずマレドラは、マレフィセントの完全な上位互換

マレドラのほうが、スキル発動に必要なマイツムの消去数(以下必要数)が少ない、スキル効果時間が長い、ボムの巻き込みがある

どのスキルレベルでもマレドラのほうが上 ボム巻き込みはしないほうがいいらしいが、それを置いてもマレドラのほうが評価が上

 

パンプキンキングはマレドラとどっちが強いか微妙な差らしい

パンプキンのほうが必要数が多く効果時間が短い ただし若干の違いがあり

・パンプキンはスキル発動中にマイツムを消すと爆発範囲が広くなる

・スキル発動中、マレドラはマイツム消去数1個=1/2個、パンプキンは1個=1個でカウントされる

スキルどんどん打てるほうが強いのは言うまでもなく、低スキルレベルのうちはパンプキンのほうがスコアが出る と書かれている

 

マレドラが使いこなせない可能性大と書いたのは、マレフィセントを持っていてうまく使えないから

だったんだけど、マレドラはちょっと手応えを感じてる やはり必要数と時間の差がでかい

必要数が、マレフィセントは23で1回発動毎に増えていくらしい マレドラは22→19と、スキルレベルが上がると減っていく

時間については、3秒と4秒では発動中に消せる回数が明らかに変わる こういうゲームでの1秒の価値はたいへん重い

 

ジャファーはガジェットを越えられるか?

ジャファーとガジェットは発動時にガッと大量消去する系のスキルで、どちらも必要数14 使用感が似ている

ジャファーがレベルいくつでガジェットさんを越えられるのかというと、攻略サイトを見た感じスキル3で同等、4で越えられそう

違いがあるとすれば、消去の形がジャファーはX型、ガジェットは横ライン あと見た目の違いによるプレイヤーのテンション

ガジェットは3MAXだからこれ以上伸びしろがない ジャファーを引きまくって4以上になってほしいところ

 

迷うのがスキルチケットの扱いで

今4枚持ってるから、マレドラ・ジャファーがもうちょっとで上がりそうなら使っちゃっていいのか

いずれシンデレラが当たったときのために温存するべきなのか

セレクトガチャの期間が終わってから考えよう

 

初めてアイフォン購入を検討した

アンドロイドとアイフォンでだいぶ違うらしく、数週間前に中古でアイフォン使えないかなぁ~と考えた

人生初スマホがほしいと思った瞬間であった

結果、中古でも15,000はするので、購入には踏み切れなかった

 

それから、先週買ったタッチペンがすでにすり減って使用感が悪くなってる サンドペーパーが必要か?

コイン欲しさにポイントサイトに登録してみた 大学休学時にちょっとやったことがあるけど、今のほうが広告がうっとうしいような

あんまり稼ぐと現金にしたくなるから、数百円とか本当に小銭程度稼いでちまちまゲームの足しにしようかと

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。