絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

オイルパステル、クレヨン、クーピー その違いは

オイルパステルはクレヨンとどう違う?

100均に行って小物を買うついでに、画材を見てみた

落書きしたとき手軽に着色できるものがないかなぁと思って

しかしとうふは、手軽の代表格 いろえんぴつ が苦手である

紙と鉛筆の擦れる音がダメで 紙とマーカーは耳栓がほしいレベルで無理

 

子供の頃はクーピーを手に入れて、なんて画期的なんだ・・・!と感動した(クレヨンは感触が苦手&汚くなるから嫌だった)

クーピーらしきものも売り場にあったんだけど、色が微妙かな?と思ったのと、結構硬いよなぁと思ったので悩む

落書きの絵とか見てもらえばわかると思うけど、かなり筆圧が弱いのです そういう意味でも色鉛筆は不向き

頑張って強く書こうとすると手指を痛める不自由な体です

 

売り場に並ぶ、プラスチック色鉛筆、クレヨン、水彩クレヨン、水で消せるクレヨン、クーピーらしきもの・・・

その中に、オイルパステルがあった 見た目は限りなくクレヨンなんだけど

発色が鮮明!幅広い中間色ができる!
・重ね塗り ・盛り上げ ・ひっかき ・ぼかし ・混色

などと書かれており、ちょっとそそられる

クレヨンよりも油彩っぽい使い方ができるのかな?と思って 悩んだ末にオイルパステルを買って帰ってきた

100円だからね 別の種類も気軽に買えるからね

 

ただ、名称がわからん

クレヨン?クレパス?オイルパステル?

いろいろ材質を見てみたけど、顔料はどれにでも入ってる 他の物の種類(と配合量)が違うんだろう

蝋+顔料が硬めのクレヨンなのはわかった

 

調べてみると、分類はやはり材質によるものだった

クレヨンはワックス(蝋)と顔料を練り固めたもの(現代日本では体質顔料と液体油を混ぜたものが主流)

パステルは、粉末状にした顔料を粘着剤で固めたもの 粘着剤が少ないとソフトパステル、多いとハードパステル

オイルパステルは顔料にワックスなどの油性材を混ぜたもの

 

要は顔料と油と粘着剤の割合か

画材店で色とりどりのパステルがずら~っと並んだコーナー見ると心が豊かになる

 

気になったからついでに調べた↓

クーピーペンシルは、プラスチック色鉛筆のことらしい(サクラクレパスの登録商標)材料は合成樹脂、ワックス、顔料など

色鉛筆は、顔料と蝋などを固めた芯を木or紙の軸に収めたもの とある 中身クレヨンじゃん

 

サクラクレパス公式の説明が一番わかりやすいと思います

www.craypas.com

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。