絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

COOL 盆栽

世界らん展で友人が見た盆栽の名は。

世界らん展、ご存知でしょうか

東京ドームで毎年(2月頃)開催されてる大きな園芸イベントです

友人の知り合いの厚意で、とうふも1回だけ行ったことがある

ドームゆえ会場がとても広く、ラン以外にも色々な展示やイベントや売店があるので、植物に1ミリでも興味があれば結構楽しめる感じ

 

今回らん展に行ってきた友人の写真に、超!かっこいい!!盆栽があった

サイズはやや遠めからの撮影にしてはずいぶん大きそうで、幹が白くなってるやつで、樹齢ありそうで、これめっちゃ高いやつでしょ・・・?

と思ってたんで、ブログネタのためにちょっと調べてみたら

「登龍の舞」という作品らしい

 

bonsaimate.hatenablog.com

作者は盆栽界の巨匠、木村正彦氏 今日まで知らなくてゴメンナサイ 覚えました

上記は木村氏の盆栽園に行ってきた方のブログ

めちゃめちゃかっこよくない・・・?クールジャパンすぎない・・・?

記事の途中に登龍の舞のビフォーアフターがあるんだけど、なるほど山で採ってきた木をあれやこれやして作りあげるのね・・・と

(どうやって作るか知らなかったので)アホ面で感心したとうふ

 

素材は真柏という、盆栽とすごく相性がいい木らしい

幹が白くなってるのは価値が高いと芸能人格付けチェックで言っていた 生きながらにして死んでいるとかなんとか?

幹や枝の一部が枯れて、そのままの形を残すことがある
枝先のものをジン(神)、幹の一部が枯れたものをシャリ(舎利)という

らしいですよ

 

芸能人格付けチェックで初めて盆栽が出たとき、とうふの父はすぐにどっちが正解か言い当てた(なぜ知ってるんだと思った)

1億だったら樹齢も相当なものだし、なによりまず幹が大事だからこっち(お菓子の盆栽)はありえない と言い切ってた

以来、幹の素晴らしさを第一基準に見れば当たるので、知ってればそう難しくない問題だと思う

 

そんな知識がなくても、登龍の舞ステキやん!かっこえーやん!と感じるので

盆栽園いいな~~実物見たいな~~~と思うのでありました

写真で見るだけでもサイズ感がすごいよ こんなすごい盆栽に普通の民家で出会うことってないでしょ・・・

逆にめっちゃ小さい豆盆というのもあって、小指ぐらいのサイズで すぐに水が切れるから世話が難しいとか

盆栽おもしろそうって言うと('ω')???←こんな反応されがちだけど、なかなか奥が深いんですよ

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。