絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

続・画面が落ちる現象 最終手段

やっぱり落ちるのでカスタマーサポートへ電話

あれだけやり尽くしても画面が落ちる現象から解放されず、アンケートサイト回答中・ブログ更新中に暗転する

突然の悲しみに顔を覆ってしまう

 

そして今日、dアニメストアでヨルムンガンド見ようとしたら、プツッと

音声は流れてるし、スペースキーを押せば一時停止/再生も可能だし、やっぱり画面が落ちてるだけでPCは落ちてない

またかぁ・・・と思いながら、ふと気付いて電源ボタンからの強制終了ではなくAlt+F4から終了させた なぜ視界縛りでPC操作しなきゃならんのか

ボタン長押しよりはいくらかPCに優しいだろう

 

時間が経つほどめんどくさくなるトラブルだし、いい加減パソコン工房のカスタマーサポートに問い合わせようとケツイ

ブログ記事を見ながら症状を説明し、対処法はないか尋ねた

しかし・・・ほとんど・・・対処済みの方法だった・・・

そうだよね 私もだいぶやり尽くした感はあったよ

ここまでやったから原因はインテルのグラフィックドライバでは?と思うわけで でもサポセンの人なら何か別の小細工を知ってるかもしれない・・・

唯一の提案は、グラフィックドライバの再インストール(ジコセキニンジコセキニン書かれてて怖いから更新しても削除はしなかった)

 

まあ多分ダメだろうなと思いつつやってみた

dアニメストアで同じ動画を再生して落ちるかどうか確認→暗転

こうなると、PCのクリーンインストールとか、パソコン修理のため店舗持ち込みとか、工場へ送るとか、めんどくせぇ話になってくる

でもそれで解決するとも思えない インテルのグラフィックドライバが原因なら、使わない以外に方法はないはず

マザボを他社のものに交換するか、グラボを買うしかない

 

いやいや、プロでもないのに何言ってんだ?と思うかもしれない

とうふは今までずっとPCを高性能なおもちゃとして使ってきた おもちゃで遊びたい、その一心であれこれ調べては解決してきた

他人のPCがどうなっても自分の生活に関係ないプロ(仕事で修理をしてる人)と違って、こちらは今、PCを使うために必死なのである

世間の人はプロを信用しすぎだ プロだって多くはただの会社員で、いろんな制約の中で仕事をしていて、腕前や知識はピンキリだ

 

前のPCが一度だけ調子悪くなったときも、たぶんこれ電源が問題じゃないか?と絞り込んでから修理持ち込みに行って

診断自体が結構な値段だわ日数かかるわで、「電源交換すれば直るんじゃないかと思うんですよね・・・」と言って渋い顔をされた

交換して直らなかったら診断してもらうことにして、ドキドキしながら指定の日時に引き取りに行ったら ドンピシャだった

ほぼ電源の費用だけで済んだ

 

という経緯もあって、確信まではいかないけどグラフィックドライバでは?と推測しながらむやみに金と時間を費やす気になれない

もうちょっと悪あがきしたらこちらの記事を見つけた

jungknight.blog.fc2.com

2016年の記事ながら、似たような症状(&対策)

 

インテルグラフィックスを無効にする・・・

エッッ あれ無効にしていいやつなの?('ω')

と思ったが、ついさっきアンインストールした直後の起動で、ディスプレイアダプタにWindowsなんちゃらが表示されているのを見た

デバイスマネージャー/ディスプレイアダプター/Intel(R) UHD Graphics 630

試しにデバイスを無効にしてみた これで解決すれば原因ドンピシャ、早くグラボを買いましょうでFA

 

今日落ちまくったdアニメストアで動画再生、ニコニコ動画、MMDのモーション読み込んで再生&描画してみる、ローカルで動画再生、Undertale起動

この辺りは試しても落ちなかった

記事の方は横長になったというが、そういうぱっと見てわかる支障はない 特に問題がなければこのまま使う

グラボ増設してもダメだったらやばいな?発狂するな?と思い立っての行動だったから、これで大丈夫なら原因特定完了、ひと安心

ちなみにMMDはものすごいカクカクだった 貧弱ゥ・・・

ドコモのdポイント6000円分もらってグラボの軍資金にするんだ・・・情報ありがとうよよよさん・・・

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。