絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

Audacityの覚え書き

音声をいろいろいじってみてる

ゲームしながら英文を読んで録音して編集して・・・という作業をしている

自分の声について、だいぶ音がこもって聞こえることと、リップノイズが多いことが気になって対処法を探していて

多くの人にとって役に立たない知識がまた増えた('ω')

 

前提条件として

とうふは10年以上前に買ったオーディオインターフェースを所持している あんまり機能はよくないけど当時にしちゃ大きな買い物だった

ゲーム音はPCに標準搭載のオーディオデバイス経由で録画ソフトで録り、自分の声はオーディオインターフェース経由で音声ソフトで録ることができる

わかりにくいかもしれないけど、これは編集時にかなり便利

 

録音に関するあれこれ覚え書き

 

録音時

きれいな音を作ろうとすると、アナログ要素が非常に大きい

とにかくまず、限りなくノイズを少なく、音割れ(クリップ)しない範囲でできるだけ大きく音を録ることが大事

録音環境が悪いと後の編集ではどうにもできないことが多い

プラス、とうふのメインマイクはダイナミックマイクで、マイクとの距離や方向で音質がだいぶ変わってしまう

なるべくベスポジでしゃべりたい

 

主な編集

聞きやすい音にする目的でやることは

ノイズ除去
必要であればノーマライズ(正規化)、コンプレッサー
好みでイコライザー

 

ノイズ除去

せっかく別録りしてるしこれだけはやったほうがいいと思う

できるだけノイズを減らしても、どうしてもフォーン・・となんらかのノイズが乗ってしまう PCとかケーブルを伝う音か

そういうホワイトノイズは割ときれいに消えてくれる

 

ノーマライズ、コンプレッサー(音を均す)

歌ってみたのボーカルとかには必要かもしれないけど、しゃべり声に関してはかけないほうが自然かもしれない

設定次第かもしれない

音割れしちゃったときはリミッター使えばいいような気がする

 

イコライザー(今日の本題①)

オーディオインターフェース買った頃、とうふには機材マニアの友人がいた

その人に一度ミキシングしてもらったことがあって、「周波数の200と400がぶつかってたからちょっと削った」と言われたのを思い出した

その辺調整したらこもってる声が聞きやすくなるかも!?と

女声の周波数はどれぐらい?みたいな記事をいろいろ調べてみて、自分の声に一般論が全部適用できるはずない・・・と結論

 

f:id:tohuzarashi:20190203195436j:plain

解析してみる(一部)と、友人の言う通り200と400が声の主成分らしい

200付近を削るとこもりが解消されるとか、やりすぎるとスカスカになる(メイン成分だから)とか書かれていた

 

グラフィックイコライザーはこんな画面

f:id:tohuzarashi:20190203195707j:plain

スライダーを思いっきり上げて耳障りな部分をちょっと下げて~という地道な実験をしてたんだけど、下と上をバッサリカットするだけでいいような気がしてきた ほとんどノイズしか削ってない

f:id:tohuzarashi:20190203195844j:plain

でも地声は200をちょこっと削ったほうがクリアになるかな

 

ピッチ変更(今日の本題②)

正直、ただの好奇心だった

少しピッチを上げてみたら、なんか・・・普通にかわいい声になってわろた 逆に下げてみたらすっごいピザ声になってわろわろ

半音アップだとまだ自分の声だけど、1音上げるとそこそこ別人に感じる それ以上やるとロボ声っぽくデジる

フラウィとかこのほうがよくない?と思い また実験が始まった

 

最初に録ってみたデータは深夜過ぎて明け方頃、近所に遠慮しながらだったので、日中環境をよくしてある程度声を張って録り直した

それをやってわかったのは、両者で声の扱いやすさが全然違う・・・

ちゃんと声出してるデータは調整しやすい

で、ピッチ変更実験について大発見があった

元は編集の順番をどうするのがベストか試してたんだけど(現在の解:ピッチ変更→ノイズ除去→リミッタ→イコライザ)

ピッチ変更のかけかたを、1度で1音上げるのと半音ずつ2回に分けて上げるので変わるかな?と、ふと思って

 

!!!  変わるッ・・・圧倒的にッ・・・!!!

というわけでロボ声・デジ音になりづらい方法を見つけました

今まさに画面が落ちて膝が割れるかと思った・・・(´д`)

 

さらなる実験成果、1/4音ずつ上げたらさらにデジりにくくなった

これにはノイズ嫌いのとうふもニッコリ

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。