絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

直撃!シンソウ坂上 全身がんを告白した高須克弥に密着!

高須クリニック院長全身がん

録画してました

www.fujitv.co.jp

 

高須院長、結構好き ツイッターとか見てないけど

バッシングを浴びても頑固に自分の道を突っ走る感(筋は通ってる)と、腕のある医者で科学者なんだなと思って

※千原ジュニアが昔事故?で顔面が大変なことになって、高須院長が手術してくれて元通りになったという話を聞いた

自分を実験台にしてるところなんか、まさに科学者らしい 好奇心の奴隷

あとやっぱり金持ってるのは強いですね 行動力と説得力がある

番組見るまで全身がんってどういう定義か知らなかったけど、転移して複数箇所にがんがある状態らしい

 

とうふが疑問に思うこと

がんの捉え方について

がんというとものすごくショックを受ける人が多い(と感じる)けど、年齢次第なところがあって

若いうちにかかると進行が速かったり周りに似た境遇の人がいなかったりするけど、高須院長ぐらい(73歳)になれば進行も遅いし、患者数も相当多い

ざっくり50%羅患するというし、高齢化すればさらに増える

とうふは多分、自分が高齢者になってがん発症してもショックを受けない 現状ならがんにかかる可能性が一番高い

 

番組中「こんなに明るいがん患者はいない」という言葉があった

その言い方ってどうかと思う 言外に、がん患者に限らず「病人は病人らしく深刻そうに安静にしてるべき」という考えがないだろうか

本人は痛みがあったり生活に支障が出たり治療がしんどかったり、そういう大変さがあるだろうけど

感染するものでもあるまいし、治療上問題がなければ筋トレしても仕事してもおいしいもの食べてもいいに決まってる

どう接したらいいんだろうとか、周りが腫れ物扱いするのは違うと思う 配慮は必要だけど不要な気遣いはしないほうがいい

そんな他人事みたいに言って、自分もかかる可能性あるんだぞ

 

なぜ「結婚するのが当たり前」のように話を進めるのか

毎日かあさんの作者・西原理恵子さんと事実婚の関係であることはそこそこ有名だと思うんだけど

「結婚しようとは思わなかったんですか?」というような質問があった

逆に、どうして結婚するのが普通だと思うのか? もっとよく考えてほしい

 

結婚に対するイメージ(求めるもの)って人によってかなり違う

するのが普通、当たり前だと思ってたらわからないだろうけど

各種制度やサービス、対外的なわかりやすさ、子供がほしい、精神的にも金銭的にもいろいろメリットがあるわけだけど

逆にこれらが要らなければ、特に結婚する必要がない

二人が納得してるなら周りがとやかく言うのはおかしいし

むしろ高須院長と西原さんのようなスタイルのほうが今の時代に沿ってるんでは、と思う

結婚に対する姿勢が固まりきらずに考えてるとうふにとって、かなり理想に近いような、大変参考になる二人です

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。