絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

ブログ記事の文字数で悩んだことはありませんか

文字数はどれぐらいがいいのかたまに考える

とうふはだいたい1記事1000字を目安に書いてる

目安にしてるだけでおよそ毎日オーバーしてるけど 1つのネタがまとまりきらないor小ネタ全部書いたら字数が収まらない パターンが多い

 

読む側として記事の長さってどうなのか、たま~に考える

自分の場合、読む気力があった頃は、短いとすぐ読み終わって物足りなかった(文体にもよるけど、600~800字ぐらいとする)

500字未満だとポエムに近い感覚

書く側としては、ある程度まとまった文章を書くのに500だと足りない感じ テーマ絞ってギュウギュウ詰めにしないと500で収められない

 

最近の読む気力が衰えた自分だと、長い記事は途中で集中力が切れて辛い(1500字以上とする)

アッ・・・もうちょっと簡潔にお願いします・・・(血反吐)みたいになる

何日か読まなかったりすると、もう前の記事が追えない

 

もちろん内容と書き手の力にもよるし、読み手の好みもある

長文を飽きずに読ませる人もいるし、短めでもおもしろかったと思わせる人もいる

こう考えてくと、短すぎも長すぎも難しい、という結論になる

乱暴に言えば その人のスタイルにハマってればアリ 的な

 

ここまでで500字ちょっと

書き手の視点に戻るとやっぱりちょっと足りないかな、短いかな、と感じる

話題にもよるかな・・・ たびたびやる、考えながら書く答えの出ない話題とか、ソース調べながら書くものとかは長くなりがち

1000~1200ぐらいが自分にとってちょうどいい字数だと思う

もしかして原稿用紙3枚程度が染み付いてる?最盛期(中学~高校)は3枚目の最終行で収める遊びとかしてた そういえば

 

今日のとうふ

えのきと油揚げのだしびたし2回目を作ったんだけど ちょこっと砂糖入れたほうがおいしいかもしれない? 七味は相性抜群

油揚げってスーパーで見ると枚数多いほうが安かったりしませんか でも5枚も料理できないよって少なめ&安いものを選ぶ

とうふは和の料理で砂糖の代わりに三温糖を使う 砂糖に比べてやや苦味があるせいか、プロっぽい味になっておいしい

 

先週整体に行ってきた

だいたい2~3週間おきに行くところ、1ヶ月ぐらい空いた

そんなに辛くないから・・・と思ってたら、自覚がないだけで背中は結構だった

最近寝て起きると腕がものすごいだるい・重いことが多発してて、寝起きはしばらく手が使えない 自分でマッサージしようにも力が入らない

この背中じゃそうなるわ・・・しみじみ思うとうふであった

 

そういえば少し前にNHKで東洋医学の番組やってたのがおもしろかった 前半の鍼灸・漢方を見た

ツボや経絡のような、根拠のわかりづらい要素を科学的に解明する!っていうコンセプト 後半はヨガだったから見てない

頭のてっぺんに鍼が突き立ってる画はなかなかインパクトがあった 別に痛くないんだけどね 絵面が怖いよね

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。