絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

キャッシュレス、気になってはいるんだけど

無職になったので、ブログ村のOLカテゴリを抜けてきた

特にこれだっていうカテゴリもないので、今までも入ってた「投資でセミリタイア生活」と「中長期投資」を50%ずつに

まぁこのカテゴリでいいのかどうかもよくわからないんだけど

 

キャッシュレスかーどうしようかなー

タイトルの通り、気になっちゃいるんだけど・・・ 検討中

まずクレジットカードは好きじゃない 後払いとか分割払いとかね となるとデビットカードなんだけど

クレジットもデビットカードも実は1枚ずつ持ってる

 

クレジットというか楽天銀行カード 大学休学の時期にお小遣いサイトをやってた都合で作った

引き落とし口座が楽天銀行で、入金専用に考えて作った上、普段から買い物に使わないので、基本的にお金を入れてない

コンビニATMで入金するときは3万以上で手数料無料になる 使い勝手は良くない

最近存在を思い出して、楽天市場で高額商品(洗濯機とか)を買うときポイント目当てに使った

 

デビットカードはスルガ銀行 アマゾンで買い物するのに昔は代引使ってて、手数料かかるし不便だしで作った

これも基本的にお金を入れてない 月に2千円ぐらい入れておいて、だいたいその範囲内ぐらいの物(主に電子書籍)を買う

ATM入金手数料は基本無料で使いやすい ATMは対応してないとこもある

 

カード番号と暗証番号を抜かれても、数百円~数千円しか被害がない という観点でこんな不便な使い方をしてる

 

案①メインバンクの三井住友デビットカード

必死にキャンペーンをやってるので目につく

新たに銀行口座作る必要もないし、タッチ式(ペイウェーブ?)で支払いできるのは便利そうだな~と思う

ただ、デビットカードの利点とされる「残高以上に使いすぎることがなくて安心♪」の恩恵が受けられないので悩む

 

今メイン口座には(とうふとしては)結構な預金残高があり、まったく安心ではない

結構な残高を別の口座に移しておくか、スルガ銀行のデビットカードに生活費を入れておくか? どっちも不便そうだけど・・・

 

案②今後事業用に作る予定のジャパンネット銀行デビットカード

こっちはもう少し検討するべきことがあるんだけど 事業支出と個人支出って分けるんじゃないっけ?というあれ

いざやろうってときは実務上楽なように考えるけど

もしかすると個人用デビット&事業用デビットの2枚使いになるのか

 

結局、少しは現金も持っておかないと不便なわけで(カード非対応の店とか自販機とか駐車場とか割り勘とか)

とうふはここ数年、月初めにATMで6万引き出して1ヶ月分の生活費にしてるけど べらぼうに多いわけじゃないし、財布の残高だけで把握できて楽

現状の生活でキャッシュレスにできるのってスーパーの買い物ぐらい?そんなに便利かなぁ・・・?と思ってしまう

また状況が変わったら再考する

 

今日のとうふ

4時頃まで寝付けず、昼まで寝てしまった が、テキスト音読して今(夕方)ブログ書いて、意外と活動できてる

これから過去問解いて、終わって雨降ってなかったらちょっと散歩して、昨日ウォークインスルーしたマックにリベンジする予定

過去問結果載せるつもりだったんだけど、キャッシュレスの話が思ったより長くなったので明日の記事にまわす

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。