絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

テレビが突然映らなくなった(E202)

悲報 突然テレビが映らなくなる

それは7/24 昨日の朝のことだった

いつものように朝ドラを見ながら支度をしていたとうふ

テレビ画面が突如、真っ黒になってしまった

エラーコードE202「信号を受信できません」というメッセージ

 

まずNHK総合以外のチャンネルも回してみた 全部映らない

次に受信レベルを見てみた 全部「0」だった

 

えぇぇ急になんでぇぇ(; ゚д゚ )テレビナンデ!?

とりあえずググってみた

 

  1. アンテナケーブルの芯線が折れ曲がっていないか、短すぎないか
  2. ブースターが接続されている場合、ブースターに電源が入っているか
  3. 分配器、混合器、分岐器、分波器などの接続
  4. アンテナの向き

 

チェック項目はこんな感じだけど、ケーブル抜き差ししても電源引っこ抜いて再起動してもダメだった

まさに見てる最中に消えたし、信号オールゼロってことは自分の宅内の問題じゃないだろうな・・・と思った

疑わしきはアンテナ アパートなので建物のどこかに1台あるはず そしてとりあえずうちのベランダにはない

 

もう一つ疑わしいのが、とうふの隣の部屋

今は空き部屋だが、昨日の朝早くからゴウンゴウン・ガンガン・ドタバタうるさかった 世間の人は起きててもとうふは8時まで寝てるんで勘弁してください

お隣の部屋はクリーニングが入ってたらしいんだけど

エー業者がなんかやっちゃったんじゃないの?と疑うようなタイミングだった

 

が、朝そこまでテレビに構ってる余裕はなく、とりあえず出発

昼休みに不動産屋へ電話した

他の部屋の人からは特に連絡がなく(朝8時頃だから不在?+入居者が少ない+テレビを見てるとは限らない)

不動産屋が外出中なのと、業者が休みなので、帰宅後も映らないようであればまた明日連絡してくださいと言われた

アンテナは屋根にあるらしい

 

そこそこ見たい番組を録画しているとうふ ネットでも見られるけど、進撃やバナナフィッシュが録画できなかったらやだなぁ

と思いつつ帰宅したら

普通に映った・・・

なんだったんだろう?原因はわからずじまい

 

調べてると、結構些細なことで映らなくなるようだ

とうふ宅は新幹線がそこそこ近くて、通過時にノイズが走る

 

テレビといえば 前のアパートはフィーダー線端子だった

www.tohuzarashi.com

過去の記事見直すと「~です・ます」調で違和感を覚える いつから口調くだけた(めんどくさくなった)んだろう

 

お隣のクリーニングを疑ったのはこのせいで

フィーダー線端子じゃ地デジ見られんがな!と業者を手配してもらったとき、F端子に交換してもらうつもりが

アンテナ→とうふの部屋→他の部屋と分配されてて、とうふの部屋の端子をいじってしまうと他の部屋のテレビが映らなくなるかもしれない という(それで仕方なくコード二股ぐるぐる巻きで対処となった)

 

アンテナとか配線が絡むと自力で対処しようがないため、さっさと不動産屋へ電話したのであった

しかしただのお騒がせであった

何事もなかったように映ってよかったけど・・・なんだったのか

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。