絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

辞意の伝え方 VSめんどくさい上司

さて どうやってめんどくさい上司に辞意を伝えるか
具体的に話の持っていき方を考える

昨日は上司の問題点を書いてたら長くなって本題にたどり着けなかった


作戦概要:主導権を握る

相手はとにかく長ったらしく遠回しにくどくど話すタイプ
決して気持ちよくしゃべらせてはならない

主張に一貫性がないので、こちらが理路整然と話を進めると「ウンウンウンウンまぁそうだよね~そういう意味じゃねぇ~」などと理解してるのかしてないのか納得してるのかしてないのか肯定なのか否定なのかよくわからない相槌が返ってくる

相手に嫌われたくないビビリか、器のでかい人間と思われたい見栄ではっきり言えないだけかもしれないが、そもそも薄っぺらで主義主張がないんじゃないかと疑っている


対処法はこちらのペースで話をしてしまうこと
名付けて「主導権はおれのもの」作戦


「なぜ辞めるか」について詳しく話さない

辞める理由はありすぎるほどあるが、何をどう話しても余計なことを言われるだろう

もう会社員ヤダからおうちで仕事するー なんてバカ正直に言ったところで、相手は会社員しかやったことがない人間 やめておけと返ってくるのがオチ

会社のダメなところを挙げるのも逆効果だろう


どうしても理由を言わなければいけない場合、うつ状態で毎日しんどいと伝えるのが下手に突っ込みづらくて楽かなと思う
それか、「手に職をつけたい」という限りなく本音だがかなり端折った説明でいくか

いずれにしろ「それじゃ引き止めてもしょうがないな」と思わせることが肝要である


「どう辞めるか」について話す

調べたところ、勤務時間外に「ちょっといいですか?」程度に声をかけて個室で話すのがベターらしい 個室か・・・
できれば理由には触れず、「8月末に辞めたいと思ってます」から切り出したい

引き継ぎの時間とか方法とか、私の希望通りお盆頃を最終出勤日とするのが可能かとか、辞める際の手続きとか、そういう実務の話に持っていきたい


しかし私は実質1人部署なので、後任を社内の誰かに頼むのか求人出すのかによって大きく変わってくる
結局その辺の人事権は社長のひと声 私と上司の間で話してもどうにもならない

そこで、できれば社長には自分で話したいと言っておく
一応は上司だから、先に話通しておかないとグチグチ言われて面倒だなと思ってるだけで 社長に何をどう言われるか考えると・・・一切信用がない

※誰かとやり取りした後その人が去ってすぐ「ったくよぉ!ちゃんとしろよなぁ」近くにいる我々に同意を求めるように悪態をつく(やり取り中はその人に対してへりくだってにこやかなのに)
※取引先との電話でも社長や社内の人間を下げる(社長がまた面倒なこと言いやがりまして~とか)発言あり


よって手続きに関する話をメインに持っていく

辞めるときに会社に返すもの、会社から受け取るもの、制服はクリーニング必須なのかとか、住民税は普通徴収に切り替えてほしいとか


考えどころは、静かにいなくなりたい希望をどう伝えるか

伝えないと退職関連の手続きをするときにでかい声で話しそう
知らぬ間に勝手に言いふらされるリスクを軽減するためには、自分で挨拶するから勝手に言いふらすなと釘を刺すしかない 先手必勝一撃必殺

あんまり早く知られると居づらくなるから、と言えば納得するだろう 自分も去年転職してきたわけだし
もし言いふらされたら うわサイテー・・・みたいな顔で見るだけでも効果ありそう


とにかく上司に話したからといってアテにすることなく、自分でできる限りの手続きを進めてやるぜ!ぐらいの勢いでいく




プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。