絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

来年は確定申告しよ

結果論ではあるけど、今年(平成29年分)も確定申告したほうがよかった

 

うっかり譲渡益もあったので、2017年は特定口座の利益が11万円ほど 税引前なら14~15万程度になる

今のところすべて特定口座・源泉徴収ありを選んでいるので、申告分離課税で20%(所得税15%、住民税5%)自動的に引かれて入金される

 

しかし、とうふの給与所得税率は5% 払いすぎなのであった

課税所得が195万円以下なら所得税5%、195万円を超え330万円以下なら10%、だから330万円以下なら総合課税にしたほうがお得 と、よくいわれてるやつ

 

課税所得という言葉がわかりづらいと思う 普通にサラリーマンやってたら、課税所得を意識する場面がほぼない

収入から、これは課税対象にしなくていいよと決められたあれこれ(控除)を引いた金額が課税所得

課税所得に所得税率をかけたものがその年納めるべき所得税(確定)

 

収入は総支給額、何も引かれてない数字

控除は、基礎、社会保険料、扶養、配偶者、医療費、生保、イデコなど 人による

 

参考にとうふの場合、年収約290万 給与所得控除と、社会保険料とイデコと基礎控除を引いて、課税所得は90万程度 330万どころか195万にも遠く及ばない

 

www.zeikin5.com

収支がある程度把握できていれば、こちらのサイトで簡単に計算できます

 

 

ここまではわかっていたものの、他に考えるべき要素があった

・配当控除

・外国税額控除

・住民税

 

全部ひっくるめてプラスになるのかどうか、実際どういう手続きをすればいいのか、調べて判断する気力がなかったので、今回は確定申告しないと決めた 相続税申告もあったし、万が一目を付けられてもやだなー というのもあった

書類作成に関しては、去年相続税申告を自力でやったので、確定申告は枚数も要素も少ないし、別に難しくないな という感じ  多分、添付書類さえあれば今日会社で作れた というか準確定申告も提出直前までやったから、初心者じゃなかった

 

ざっと考えて

配当控除→NISAじゃない国内の配当金は15,000円程度

※外国株はこの配当控除が使えない

外国税額控除→米株の配当金は5,000円程度

 

還付1,500円ぐらい?手間の割にたいしたことない額だな・・・と(なぜか譲渡益が頭から抜けていた)

しかも住民税が増えてしまうので、ありえんという結論になった 脳みそが使えない・判断力がない状態と自分で言っていたけど、だいぶ深刻だったようだ

 

 

ここまでは所得税の話

住民税は別計算 というか所得税は国税で、住民税は地方税 管轄も違う(国税→税務署、地方税→市区町村)

税務署に確定申告すると、税務署から市区町村へ情報がいくらしい

何もしなければ総合課税になって税率10% 申告分離課税なら5%なので、住民税は源泉徴収されたままのほうが得

 

税制改正のおかげで、住民税は所得税と別の課税方式を選べるようになった!という文言を見た覚えはありませんか

正確には、もともと選べたけどアピールしてなかっただけ ですが

実務が面倒になるし税金は取れなくなるし、回収側はいいことないからかな

 

これで、全部ひっくるめてプラスになるのかどうか、考える必要がなくなった

課税所得330万円以下なら確定申告して、所得税は総合課税にしたほうがいい

(課税所得330万円以下は、かなり広い範囲の人が当てはまる)

 

そして住民税は申告不要にする 市区町村によって手続き方法が違うようなので、お住まいの地域の役所に聞いてみるのが確実

 

あと、特定口座・源泉徴収あり=確定申告できない??という思い込みもありました

やらなくていいけどやっても問題ないものでした

 

 

2月半ばまでメンタル・フィジカルどん底が続いていた上に引っ越しもあって、確定申告について調べたり準備したりなんて到底不可能・・・と判断したのは正しかった

やれば1万円ぐらい戻ってきたのに残念だったけど

 

来年は金額の多寡にかかわらず確定申告します

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。