絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

引っ越し手続きしてきた -前編-

どうも タイミング=わる夫です

引っ越し手続きのための有休第一弾は雪によって効率ダウン 生ける屍にはかなりしんどい行軍となった

いちばん寒い時期に引っ越すことになっちゃったから仕方ないんですけどね

 

朝9時に外見たときはまだ真っ白だったし雪もまだ降っていて、移動中もみぞれか雪か?チラチラしていた

ノーマルタイヤのとうふカーでは雪道走行できない

雪が止みかけて、車の上や周辺の雪を払ってからの出発となった 10時はすぎていた 道路の雪が大部分溶けてたからよかったけど

のんびりあさイチが見られるかと思ったら国会中継で またもやタイミングわるお (´・ω・`)

 

 

とりあえず銀行へ

先月は財布の中身ギリギリまで使ってしまったので、住民票を取ろうとしたら金が足りないか?レベルだった

今月は引っ越し関連でそれなりに現金を使う カーテンのように、あれ必要なんじゃ?という見落としがありそうなので 絶対必要額より少し多めに予算を見積もった

 

お次は現住所の役所へ 転出届

住所をハチャメチャに書き間違えて思わず無になる

国保に加入してる場合なんかはそっちの手続きも必要らしいが 私は社保のため、印鑑登録のカードを返すのみ

 

転出届を書くときに迷ったのが転出(予定)日

本当の引っ越し日はもう少し先だが、転出転入の手続きを1日で終えるプランなので 今日以前の日付じゃないと転入届出せないのか···?

真剣に悩み、今日の日付にしておいた

 

続いて新住所の役所へ 転入届

同時に印鑑登録と印鑑証明書発行、住民票発行の計4枚、書類を記入

免許書き換えと車検証の住所変更のために必要···と調べていたが、印鑑証明書は使わなかった なぬぅ

転出は割と早かったが転入はそこそこ時間がかかった たしか12時すぎに役所を出た

 

ハラヘリ+眠気+だるさに襲われ 昼ごはんを食べようか、食べる時間があるのかビミョーだったので次へ

最寄りの警察署 免許書き換え

ここでトラップ発動 午後の受付は13時から

なんと病院のような午前午後システムだったぁー!

 

仕方ないので先に軽自動車検査協会へ

普通の車なら陸運局管轄だが、軽は↑こちら

車検証を見ながら書類へ転記するのが、思った以上に時間を食う 空腹と眠気がよくなかった

ここで印鑑証明が要ると聞いていたが、提出したのは住民票だけ 住所変更には要らなかったんや···

購入時と混同したんだろうか

 

ふたたび警察署へ

もう文字を書くのがしんどくてモタモタ 書類提出から交付までは早かった

警察署は新住所の都道府県内ならどこでもいい はず

 

ここまでで13時半すぎ

ネットの工事が14〜15時なので、もうメシ食ってたら間に合わない時間 新居へ急ぐ

雪のおかげか何もない平日だからか、銀行や役所は空いていた ただし道路はそこそこ混んでいた

結局14時を少し過ぎてしまい、業者のほうが先に着いていた すまなかった

 

ちょっとそこまでメシ買いに行ってもいいですか···?と言うかどうか悩んだが ものぐさからやめたとうふ

バルサン焚きっぱなしだったので換気して、玄関に適当に搬入したブツを整頓しつつ床を軽く掃除

カーテンを取り付けたり、細々と作業

そういえばクローゼットの取っ手がバキッと折れて外れてしまった 普通に引っ張っただけなのになぜ···(;´Д`) 

 

 

後編へ続く

つらつら書いてたら長くなりすぎた 

 

 

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。