絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

自分のリタイアパターンを考えてみる①

リタイアに必要な資金はいくら?と、セミリタイア界隈なら誰もが考えるはず

私は今のところ、5000万が現実的で目安になる数字だと感じている

しかしリスク資産5000万だとすると 総資産いくら必要になるのか・・・

 

人によっては2000万でも3000万でもリタイアに踏み切れる

年齢と支出と収入と資産と、考え方次第

資産がいくらでも、結局は自分がいける!と思った時点でいける ということになるが

前提条件が定まりきっていない場合、具体的な状況を何パターンか考えておくべきだと思っている

 

 

ブログを作って最初の頃にまとまらない記事を量産したが、私にとって早期リタイアは絶対的な目標じゃないらしい

仕事や会社がいやだ!ではなく、もう何もかもいやだ!何もかもだ!! が出発点であって 早期リタイア(もしくはセミリタイア)は生きづらさや苦しさの軽減策

 

ないとは思うが、何か別の方法を思いつくとか、根本的に解決したとか、そうなったら別にリタイアしなくてもいいことになる

何がどうなったら方向転換してその境地に至るのか まったく想像できないが

今のところ死ぬ以外の解決策が思いつかない

 

この辺の記事で書いてみようと頑張ってるけど 見事にまとまっていない

 

 

リタイア進路をざっくりとパターン分け

①完全に働かない(早期リタイア)

②フルタイムでは働かない(セミリタイア)

 

①②どちらを目指すかによって、必要な資金は相当違う

①は収入のすべてを不労所得で賄うことになり、とりあえず配当所得と考えて、5000万×4%=200万 という計算で、冒頭の「5000万が目安」説に繋がる

 

②はそこからだいぶハードルが下がる

年200万→月15~16万ぐらいとして、例えば月10万は配当所得、月5~6万は別で稼ぐ とすれば、資産は5000万も必要ない

月10万の配当収入が安定して得られるようになれば、もうかなり自由だと思う

 

月5〜6万ノルマなら、楽しそうだな〜と思う仕事をしてみるのもアリなんじゃないか?とか

雇ってもらえるかは別だが

 

その状況になったら、今の会社でパートタイマーになるのも悪い選択肢じゃない

時間的にはフルタイムと大差ないが 祝日休みになり、勤続年数は引き継がれるので有休はがっつり

必要な分稼いだらあとは適当に無給休暇をとればいい

日数の条件はあったはずだが、社会保険もつく

 

とはいえ まあなんとも半端な案である

ほどほどに働いて社会と関わり、ほどほどに自分の時間も増える

実際自分がそれで満足すればいい話だが

 

完全リタイアを目指すなら、こんなねむてえ発想ではとても達成できないような気がする

時間をかければ難易度は下がる 問題は何を優先するか

 

現段階で確実に思うのは、選択肢があるのとないのとでは天地の差だということ

生きるために働くしかないのと、嫌ならいつでも辞められるのと、どっちがいいかは歴然

まずは選択肢を自分で作れるかどうか

 

 

リタイアしなくてもいい境地に達するか、もしくはしたくてもできない状況であれば、フルタイムで働き続ける第3の選択肢となる

いつでも辞められる状況なら、それもそれで悪くないのかなと思う

現役で働き続けるうちはお金の心配がほとんどない

 

メイン収入の給料から追加投資できるし、配当も全額再投資できるし、時間と複利の効果を最大限にできる

会社が潰れたり自分が潰れたりしなければ

 

着地点についてもまだいろいろ考える余地がある

どの進路も好きに選べる状態になれば言うことなしですね

 

 



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。