絶望と諦観からのセミリタイア計画(仮)

投資による早期リタイアを考え始めた人の 生活・思考・投資・金の話

シャンプーを探していて見つけた記事

今日は仕事帰りに本を買ってきました

こちらの記事を書いてから3週間ほど ようやく食料以外の買い物に行った 疲れた

電子書籍だとPC前で寒い思いしなきゃいけないので、やっぱり紙にしました

読み終わったらブログに感想を書こうかなと思っております

 

 

さて本題

前に天パだと書いたが

数年前まで他にも髪関連の悩みがあった それは頭皮の痒み

他に症状はなく、ただ単にかゆかった たまにプツっとできものができる

頭皮に限らずあちこちかゆみが出るので、そういう体質なのかと思っていた

 

今の会社で働き始めてから、シャンプーを変えてみようか?と考えた

自分で自分の物を買うお金が稼げるようになったので

 

 

当時は市販の安いシャンプーを使っていて、洗浄力が強すぎてかゆいのかなと考え

いくら色々入れても洗浄成分って界面活性剤で、食器用洗剤と主成分は変わらないよな?と思っていたのと

薬局なんかで300円以下で売ってるシャンプーって、原価を考えると・・・ 率がわからないからすごく雑に50%としても 150円なりの物でできている

 

CMをガンガン打ち出してる商品 パッケージが凝ってる商品 なんかは 相対的に中身にかけられるコストはもっと少ないはず

そりゃ品質求めてもしょうがないなと

 

それから何がいいのか調べてるうちに解析サイトなるものを見つけて、超オススメされててコスパがそれなりにいいシャンプーを2種類ぐらい試した

1種類につき1~2年使ってるので、ジプシーというほどなのかは微妙

 

 

シャンプーのせいかどうかわからないが、その後かゆみは解消した

実際使ってみて、手触りがよかったしそれほど不満はなかった 

困ってはいないが少し気になることがあった

使ってるシャンプーが切れそうだったので、ちょうどいいからまた調べていたら

 

  

こちらのブログに答えがあった

最初に見つけたのがこの記事で  何がどれぐらいの量で配合されているか? がわからないので 単純に成分だけ見てもいいか悪いかはわからないよ という内容

まあ、確かにそうだ と思った

 

 

私の疑問を解決してくれたのは、シャンプーの話と皮膜の話

 

シャンプーは洗うためのもの

 

気になっていたことその1

少し前に使ってたシャンプーだと、ワックスが落ちないような?気がしていた

洗う、というシャンプー本来の目的を果たしていない

 

 

シャンプーにも皮膜成分が入っていて、トリートメントは当然皮膜成分、さらに洗い流さないトリートメントで皮膜 そんなに必要なのか?やりすぎになっていないか?

 

気になっていたことその2

洗い流さないトリートメントをつけると、手触りはよくなる しかしつけないときよりクセが強くなるような気がしていた

コーティングしすぎてベッタベタになっていたとすれば納得がいく

 

 

とはいえ何事も実践してみないとわからないので

ブログを見つける前に買ってしまったシャンプーで なるべく皮膜しない状態はどんなものか、試してみることにした

幸い、ワックスが落ちないと思っていたので、シンプルに洗うだけ(というコンセプト)のシャンプーを選んでいた

 

シャンプーでよく洗って、リンスやトリートメントをつけないで乾かす

感想:あれ・・・意外といけるな

洗い上がりはややギシギシ感があるけど、乾かすと問題なくサラっとする

カラーやパーマをしてない、傷んでない髪だからかもしれないが

 

明らかに髪の毛が扱いやすくなった

私は余計なものがついてない髪の手触りのほうが好みだ

 

自分は試してみてそう思ったけど、これまた万人にはオススメできない

傷んでる人はギシギシして余計扱いづらくなるかもしれないし

シャンプーのCMみたいなツヤサラ~髪がいい人もいるだろうし

好みの問題ですね

興味がある人には、なかなか悪くないよ、とだけお伝えしておきます

 

今のを使い切ったらDO-Sシャントリ試してみたい('ω')

1人だとシャンプーとかそんなに減りませんよね

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。



当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。



免責事項

掲載される記事の内容は、管理人の個人的見解です。当サイトの情報によってなんらかの損害が生じた場合も、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
投資は自己判断でお願いします。
また、ブログ内容の無断転載を禁止します。